お知らせ・コラム

コラム

COLUMNS
2017.09.01

経営資源にはレバレッジをかけよう

【 資金は循環するフローが大切 】

経営をするうえで経営資源は重要です。
ヒト,モノ,カネ,情報など。そのなかでも,企業にとって資金は血液と同じで,なくてはならない経営資源です。
しかし,血液もそうですが,ある部分で滞ってしまってはいけません。
循環して初めてその役目を果たす事になります。キャッシュフロー計算書は,この資金の流れ,
を営業,経常,財務に分けた財務諸表です。

この流れというフローですが,事業を行う上で大変重要なキーワードです。

物事をスムーズに流そうとすれば流れに逆らうのではなく,流れに乗ることが大切です。
例えば,その時代の時流や潮流にのって勢いよく伸びることです。
これはフローが循環しているから乗れるのであって,どこかで滞っていては乗れません。
この循環を創り出すのも経営者として大切な仕事です。
もちろん,時流や潮流を見極めることも重要ですが,
見極めても乗れるかどうかとは別ですから,上手く乗りこなす術を学ばなければいけません。

つまり,資金はあるだけでは充分な役割を果たさないということです。
循環させることによって,初めて本来の資金の力を発揮するということになります。

そこで,資金の本来の力はというと,資金として利用することもできますが,資本という使い方もあります。
この資本という使い方は,テコ=レバレッジとして使うという考え方です。
すなわち,自己資本をテコに他人資本を利用して利益を上げるという考え方です。
証券取引などは全てこの概念に基づいています。

経営資源において,ヒト,モノ,情報などは蓄えていくことで力を発揮するとも言えますが,
カネは循環が必要な資源だという事です。
もちろん貯蓄という意味では経営資源と言えるかもしれませんが,
それではいずれは尽きてしまうことになります。
企業経営は何かに対する投資であり,その果実が売上や利益になります。
その為には,よい循環環境に経営を整える必要があります。
どれほどのレバレッジが掛かった事業が行われているのか検討されてみてはいかがでしょうか。

 

経営に関するご相談やお困り事などございましたら、お電話または下記URLよりお気軽にお問い合わせください。

現在弊所では資金調達相談の受付も強化中です。

電話   06-4708-7505

お問合せ https://www.t-bf.jp/contact/

経営者へメッセージ

MESSAGE

弊所のホームページにお越しいただきありがとうございます。またこのメッセージをご一読くださりありがとうございます。
さて、会社経営は苦難と予期せぬ出来事の連続です。何の問題もなく順風満帆な会社経営こそ存在しないのではないでしょうか。そんな会社の経営者、リーダー、責任者である社長は多くの決断を求められます。その決断のなかには、会社存続に関することもあると思います。今まさにお一人で抱えきれない問題の解決を迫られているかもしれません。それでもご安心ください。大袈裟ですが命までは取られはしません。起きたことは必ず納まります。
大永綜合経営事務所には、倒産対策・回避、再生、改善など、会社の有事に向き合って20年以上の経験豊富なコンサルタントが存在します。お悩みの解決の糸口がきっと見つかるとおもいます。お困りのことがありましたら是非一度お問い合わせ下さい。

経営革新等支援機関 近財金1第67号(近畿財務局認可)
20170214近畿第32号(近畿経済産業局認可)
〒541-0051 大阪市中央区備後町2-5-8 綿業会館本館5階

電話受付 平日10:00~17:00(携帯からは06-4708-7505)

24時間365日受付
2営業日以内に必ずご連絡します。