お知らせ・コラム

コラム

COLUMNS
2017.09.21

年度末に考えること

【 事業計画の立て方・考え方 】

秋がはじまるこの季節,企業の多くは決算の時期を迎える。
今期一年間を通して企業はどのように成長し,何を成し遂げたか。
企業活動の一年間の成績表である。
思い通り,それ以上の結果を得た会社,得られなかった会社,
百社百様の原因と結果が存在する。

それにしても,企業の結果にフォーカスするあまり,原因に関する相談が少ない事態は,
経営支援に従事する者の一人として寂しくもあり残念でもある。

金融機関も,待ってましたとばかりにこの時期には決算速報を企業に尋ねますが,
その中で定量的な事は尋ねても定性的な内容,つまりどのような計画でどうのように活動して
得た(得られなかった)利益なのかを尋ねる行員は少ない。

それだから,経営者も必然と最終数値のみに気がいってしまうのも理解できるし,
銀行も貸出しても返済が滞る事態を阻止するためには結果を重視するのが一番の早道であること
にも理解を示せるけれど,だからといって,それだけに傾注してしまうのはいかがなものか。

もちろん,結果がなにより重要で大切なことは言わずもがなであるが,
その結果を作り出した原因をフォーカスして,至らなかった点の対策を講じて,再度,挑戦する
という工程も経営においては忘れてはならない事である。
それを粗末にしていると取り返しのつかない結果がやがておとずれる。
そんな企業は枚挙に暇がない。

 

原因と結果は自然な相関であって,特別な相関ではないである。
だからこそ,その自然な相関にある原因と結果の両方を見直し,
対策を立てることが重要といえるのである。
片方,結果しか見ずに対策を立てていると片輪の調整しかしていないのと同じである。
両輪を点検,調整してはじめて安全運転ができるのと同じである。

さて,今年度を終え,新年度を迎えるにあたり,結果だけ精査するのではなく,
原因が正しかったのか,どんな結果を作り出したのかを社内で検討するのに良い機会であると
思うのである。

ぜひ,その議論に取組み,迎える来年度に有効な原因を作って,少しでも目的に近づく結果を
手中に収められることを祈念する。

 

経営に関するご相談やお困り事などございましたら、お電話または下記URLよりお気軽にお問い合わせください。

現在弊所では資金調達相談の受付も強化中です。

電話   06-4708-7505

お問合せ https://www.t-bf.jp/contact/

経営者へメッセージ

MESSAGE

弊所のホームページにお越しいただきありがとうございます。またこのメッセージをご一読くださりありがとうございます。
さて、会社経営は苦難と予期せぬ出来事の連続です。何の問題もなく順風満帆な会社経営こそ存在しないのではないでしょうか。そんな会社の経営者、リーダー、責任者である社長は多くの決断を求められます。その決断のなかには、会社存続に関することもあると思います。今まさにお一人で抱えきれない問題の解決を迫られているかもしれません。それでもご安心ください。大袈裟ですが命までは取られはしません。起きたことは必ず納まります。
大永綜合経営事務所には、倒産対策・回避、再生、改善など、会社の有事に向き合って20年以上の経験豊富なコンサルタントが存在します。お悩みの解決の糸口がきっと見つかるとおもいます。お困りのことがありましたら是非一度お問い合わせ下さい。

経営革新等支援機関 近財金1第67号(近畿財務局認可)
20170214近畿第32号(近畿経済産業局認可)
〒541-0051 大阪市中央区備後町2-5-8 綿業会館本館5階

電話受付 平日10:00~17:00(携帯からは06-4708-7505)

24時間365日受付
2営業日以内に必ずご連絡します。