お知らせ・コラム

コラム

COLUMNS
2019.03.08

【弱い意志の捨て方】失敗する経営者は娯楽に流れる【事業再生コラム3話】

経営していると誰しも必ず思いますが、

「頑張ろう頑張ろう!今回こそコレを絶対に達成するぞ!」

と強く思っても、

実際に継続する事って難しいですよね。

 

継続が出来ないことが原因で、
経営がうまくいかない方も非常に多いかと思います。

 

そこで今回は、

人間の意志力には限界がある話を軸に、

継続力を持続させる考え方を話していきたいと思います。

 

今回の話は
継続する意思の作り方【事業再生コラム2話】
の記事の続きになります。

 

まだご覧でない方は、

是非先に読んでから当記事をお読みください。

 

やはり会社経営をしていると、

感じることの一つとして

強い意志を自分だけで保つことが難しすぎる問題

コレは避けることができない大きな壁だと思います。

 

今は情報や娯楽に溢れている時代なので、

誘惑は多く、事業がうまくいかない時ほど、

逃げたい気持ちについつい負けてしまう事もあるかと思います。

 

  • スキマ時間にYouTubeをついつい見てしまう
  • 競馬や競艇、暇さえあればギャンブルに走ってしまう
  • 仕事よりも自分がハマっているソーシャルゲームをやってしまう(しかも課金までしてしまう)

 

これらは赤信号です。

 

中には

「経営者がそんなことをするわけないじゃん」

と思う方もいるかと思いますが、

みなさんが思っている以上に

会社がうまく行かない辛い心境から

娯楽に流れてしまう経営者って多いんですよ。

 

仮に見てくれている

あなたがそうだとしても、決して変ではありません。

むしろ当然のことなんです。

 

しかし、

変わる意思さえあればいつだって変われるのも事実なので、

いつまでも継続できない自分を許しておくのはハッキリ言って駄目です。

 

辛いせいで楽な方に逃げたくなり、

娯楽に流されることで起こり得る
1番のデメリットを教えます。

 

それは

お金を失うのも去ることながら、

もっと大切な有限資源である

 

「本気で頑張れる意志力」

 

コレが浪費されてしまいます。

浪費はダメです、絶対にダメです。

 

お金も時間も有限だと認識しているのに、

「頑張るための精神力も有限」

は全然気づかず、無頓着な人は多いです。

 

人が1日に本気で頑張れることは多くはありません。

 

そのため、

本来であれば頑張る気力は

すべて会社に捧げるのが経営者の約目です。

 

少なくても今のあなたではなく、

”創業時代の頑張っているあなた”
はそうしていたはず。

 

親の跡を継いだとしても、

継ぐまでは仕事に真剣だったはずです。

 

ゲームに使う1時間も、

 

会社のために頑張る1時間も意志力の減り方は同じです。

 

たしかに仕事がうまくいかず、

普通のサラリーマンと違って、

頑張るためにやる気を出させるのは

 

”自分しかいない”ので、

そうなる気持ちもわかります。

「サラリーマンはいいよな、怒ってくれる上司がいて・・・」

と感じる経営者の方は意外と多いみたいですね。

しかし、そんなコトを言っても助けてもらえるわけもありません。

 

自分でなんとかしないと。

 

すべての改善は無理でも、

現状のあなたに合わせたアドバイスであれば、

当事務所で引き受けることもできますので、

真剣に変わりたい方・現状をなんとかしたい方は

ご気軽に相談してみてくださいね。

 

まずは気軽に相談してみたい方はこちらをクリック

 

そもそも

 

会社経営を自分一人で乗り切らなければいけない

 

というのも、

失敗する経営者のありがちな思い込みの1つです。

当事務所に限らず一人で抱え込んで倒産するよりは、

まずは第三者に相談してみることを強くオススメします。

 

今回は

意志力には限りがある

について深掘りしてお話していますが、

 

意思を継続させる為に重要な

具体的な重要ポイントは3つあります。

1,行動は2度作られる(”頭で考える自分”と”実際に行動する自分”のギャップを埋める重要性)

2,意志力には限りがある(人は金と時間は意識するが”精神の消耗には無頓着”)

3,脳みその構造を理解して強い意志を手に入れる

です。

 

次回は3の
脳みその構造を理解して強い意志を手に入れる具体的な方法

 

についてお話したいと思いますので、

この記事を最後まで読み、

コラムに興味を持って頂けた方は楽しみにお待ち下さいね。

 

 

経営に関するご相談やお困り事などございましたら、お電話または下記URLよりお気軽にお問い合わせください。

現在弊所では資金調達相談の受付も強化中です。

電話   06-4708-7505

お問合せ https://www.t-bf.jp/contact/

経営者へメッセージ

MESSAGE

弊所のホームページにお越しいただきありがとうございます。またこのメッセージをご一読くださりありがとうございます。
さて、会社経営は苦難と予期せぬ出来事の連続です。何の問題もなく順風満帆な会社経営こそ存在しないのではないでしょうか。そんな会社の経営者、リーダー、責任者である社長は多くの決断を求められます。その決断のなかには、会社存続に関することもあると思います。今まさにお一人で抱えきれない問題の解決を迫られているかもしれません。それでもご安心ください。大袈裟ですが命までは取られはしません。起きたことは必ず納まります。
大永綜合経営事務所には、倒産対策・回避、再生、改善など、会社の有事に向き合って20年以上の経験豊富なコンサルタントが存在します。お悩みの解決の糸口がきっと見つかるとおもいます。お困りのことがありましたら是非一度お問い合わせ下さい。

経営革新等支援機関 近財金1第67号(近畿財務局認可)
20170214近畿第32号(近畿経済産業局認可)
〒541-0051 大阪市中央区備後町2-5-8 綿業会館本館5階

電話受付 平日10:00~17:00(携帯からは06-4708-7505)

24時間365日受付
2営業日以内に必ずご連絡します。